Featuring

毎日の出来事を何となく綴る日記。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハルシオン・ブルー外伝 番外




 初めまして、という声は、驚くことに頭上から降ってきた。九重刃音が、ゆっくり視線を上げると、青空の下、屋根瓦のひさしの上から、空色の着物の端がちらちらと見えている。立春の頃にしては、よく晴れた日で、昼下がりの陽光は優しく、丸下駄の鼻緒の、足指の隙間を抜ける風が気持ちよかった。
 ごそごそと、ひさしの上でなにか悶着したのち、声の主がにゅっと顔を出した。最初まぶしくて目をすがめた。一刹那おいて、視線が合うと、彼の、屈託のない顔が、よく晴れた空の下で、零れるように、笑顔になった。目が眩むかと思った。ここまでまぶしいものを見たのは初めてだった。
「……なにをしているの?」
「鳥の巣があるんだ。そこの木の枝のところに。ここに登ったら届くかなと思って」
 年の頃は、刃音より少し上くらいの、十歳ほどの少年だった。毛先まではつらつさがみなぎっているような黒毛には、若葉がいくつかくっついていた。笑うとき、口が大きく開いて、それから大きな声で喋った。どちらも、刃音が今まで相対したことのない種類のもので、その珍しいのに、しばらくぼんやりしていると、
「見る?」
 と言って、少年が手をにゅっと下へ伸ばしていた。縁側に座っていた刃音は、ぱちくり、と目を瞠っていたが、頭上でひらひらする少年の手のひらから、陽の匂いがしたので、それを掴むことにした。両手で掴んで、せえので、床を蹴ってくれ、あと、下駄は脱いで、と少年が矢継ぎ早に言い、刃音がしがみついた腕を、ひょいと持ち上げた。
 あまりに簡単な動作だったので驚いた。まるで大人のような力量だった。思いがけず、屋根の上に到達してしまったので、なんだかまだ魂が肉体に付いてきていない。陽に焼けて温かな屋根瓦の感触を足の指に感じながら、刃音は、生まれて初めての目線であたりを見回した。
 青空が竹林の縁取りの中に、すこんと抜けるように高い。ほんの少し高いところにくるだけで、風はずいぶん力強い。すぐ後ろで少年が、「どうかした?」と言わなければ、ずっと呆けていたかもしれない。
 振り向くと、すぐそばに空色の着物を着た少年がいた。その近さに、最初少し驚いた。手も握られたままだった。同い年くらいの人間との遭遇は、実は初めてだったし、もちろん、こんな近くに人のぬくもりを感じるのも初めてだった。それなのに、すぐ横で微笑む顔が、なんだかすごく、懐かしかった。不思議な話だけれど。
「ううん。ここに来るの初めてだったから」
「実は、俺も初めて」
 少年のひとつの表情を見るだけで、顔の筋肉の柔らかいのが感じられる。それだけで、まだ笑顔しか見たことがないのに、他の山ほどの表情を想像できた。日に焼けた肌は、触れると熱そうで、どんな仕草からも太陽のにおいがした。
「……降りるとき、どうするの?」
「……考えてなかった」
 少年はきょとんとしたが、すぐに合点を得た顔になって、「俺が最初に降りるよ」。
「それで、刃音はここから飛んで。俺が絶対受け止める」
 空色はそう言って、また、あの屈託のない顔で笑った。
 あ、名前、と、刃音が思ったのと、階下のほうで、「若様ー!!」、という複数の声が聞こえたのはほとんど同時で、少年と刃音が忍び笑いを浮かべて顔を見合わせたのも同時だった。

 春晴れの日に出会った少年は名を一ノ瀬春木といった。


19.jpg





この組み合わせかい!って……あきさんとはっぱの声がきこえてきそうごめんなさい

死体遊びしかしたことない刃音と、これから守ってあげる女の子に会いに来た春木
ちなみに若様を必死になって探しているのは、一ノ瀬さんちの人達です。一ノ瀬さんちの当主は代々、九重さんちの当主を護衛する任に就きます。
このあと、屋根にいるのが見つかって、一ノ瀬さんちは九重さんちから大目玉くらいかけるけど、たぶん九重(次期)当主の刃音が黙らせて、ふたりは仲良くなります。めでたし(?)
ハルシオン・ブルー外伝より


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

林

Author:林
いらっしゃいませ
こちらは林鉄のぐだぐだな日記です。
主にネタメモ、突然ネタメモ

オタクなこととかやおいなこととかきもちわるいこととか普通に言います
やな人は帰ってください

●文芸部特別企画
第一弾
流離人外伝

第二弾(完走!09'12)
夢十夜

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
手書きブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。